イギリスへの移住は難しい…移住の条件が理由?芸能人が実行した方法。海外移住に失敗したと後悔する理由は仕事やビザの費用?

海外

スポンサードリンク






 

イギリスに移住してみたい

 

歴史ある美しい街並みを見た

多くの人が憧れる夢ではないだろうか。

 

しかし、ヨーロッパの北西部に位置するイギリスは、

日本からあまりに遠く、移住はとてもハードルが高い

ように思えるはずだ。

 

 

そこで今回はイギリスに移住する条件や費用、

実際に現地に移住した有名人のブログ

について紹介していく。

 

スポンサードリンク

イギリスへの移住の条件は仕事?日本人には何が?  

 

イギリス移住の条件として、イギリスへの渡航費用、

ビザの取得、仕事、住居、現地で生活するのに不自由ない英語力

これらは必須で挙げられる。

 

英語レベルの目安は、中学英語レベルがスラスラとでてくるなら

現地人とのコミュニケーションは問題ない。

日本人としては上出来だろう。

 

何か目に見えるもので総合的な英語力を証明したいという方

IELTS(アイエルツ)に挑戦してみることがおすすめだ。

 

履歴書に書ける範囲のスコアは5.0以上となっている

(全スコア1.0~9.0まで)。

 

諸々の初期費用はざっと30〜50万円ほどは用意しておいた方がいい。

1ヶ月の生活費家賃や食費込みで15〜20万円もあれば

余裕のある暮らしができるだろう。

 

また、老後の年金生活でイギリス移住計画を立てている人は

ぜひ参考にしてみてほしい。

 

イギリスに移住した芸能人…彼らが実践した方法は?ブログも紹介

 

芸能人でも海外を拠点としている人は多い。

 

イギリスを拠点として歌手活動を続けている

宇多田ヒカルもその1人だ。

 

移住理由としては、音楽活動を続ける上で

最も適した環境があるから、と言われている。

 

 

確かに、彼女ほどの大物歌手は日本にいると

子育てや仕事に邪魔が入る場合もあるだろう。

 

美しい街並み、豊かな自然、治安の良さなどを考えれば、

日本にいるよりもストレスなく

生活ができるのではないだろうか。

 

宇多田ヒカルの他にも、イギリスに移住した日本人は多くいる。

特に、最近ではブロガーの海外移住が流行っている。

 

 

仕事する時間や場所を選ばないブロガーにとっても、

イギリスはのびのびと暮らせる最高の場所に違いない。

ここでは参考として2つのブログを紹介する。

 

①Taekoのイギリス国際結婚生活
URL:https://taeko-london-life.hatenablog.com/entry/2019/02/10/182111 

特に、ビザ申請方法をわかりやすく解説しているブロガーさん。

公式サイトをみてよくわからなかった人におすすめしたい。

 

②イギリス毒舌日記
URL:https://ameblo.jp/wiltomo/ 

リアルなイギリス生活を毒舌口調で書かれている文章

癖になること必至だ。

 

まとめ

 

今回はイギリスに移住する上での条件や

実際に移住した人のブログを紹介した。

 

こう調べてみると、

イギリスに居を構えている人は意外と多く、

自分らしく生き生きと暮らしている姿

とても羨ましさを感じた。

 

 

いつかは海外生活をしてみたいけど、

なかなか一歩を踏み出せないという方、

ブロガーや有名人を参考に思い切って

実現してみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました