マニラにコンドミニアムを持つなら知っておきたいのは・・・

海外

スポンサードリンク






 

マニラにコンドミニアム?今さらって感じもしますね・・・

 

京都から悪名高い(笑)マラテに移住して、

早10年以上のカツさんが言う。

 

実際、フィリピンの首都マニラでの不動産投資事情

特にコンドミニアムを持つことのメリットはどうなのか?

 

スポンサードリンク

マニラにコンドミニアムを持つなら、中古?それともプレビルド?

 

資本規制をしていたおかげでリーマンショックの影響を

ほとんど受けず、東南アジアの他の国のような

異常な不動産価格の高騰とはならなかったフィリピン

 

フィリピンだから、マニラだから手放しに

不動産投資にチャンスがあるかといえば断言はできないが、

このような特殊事情もあって、少なくとも

タイのバンコクやマレーシアのクアラルンプールよりも

チャンスがあることは確か。

 

そしてやはり、セブよりも

経済規模の大きい首都マニラの方が

投資のチャンスは大きいと言える。

 

個人的には

リゾートのあるセブの方が好きだが(笑)。

 

ただしマニラといえど

物件選びが重要であることに変わりはない。

 

場所によっては当然部屋に空きが出てしまうことになり、

インカムゲインどころではなくなり、

それを返済に充てることを期待していたらえらい目に。

 

 

投資用であれ住居用であれ、コンドミニアムを持つなら

中古プレビルド(完成前に購入)を選ぶことになる。

 

後者のメリットとしては、小さな金額で支払っていけること、

完成時に新築物件が手に入るということ

ただし、以下のような問題点があることも知っておきたい。

 

諸外国に比べマシとはいえ、プレビルドについては

金額がかなり上がってきている

 

完成時に一括返済か銀行ローンを選ぶことになるが、

後者にはビザの取得が条件になっている場合があり、

これが難しい場合はローンが組めない

 

管理会社のサービスレベルを事前にチェックするのが

難しく、完成後に水道の不備などで困る場合がある

 

 

新築を手に入れたいのは心情だが、価格面でも

長期的に見れば中古物件の方がメリットがあるという

ことも頭に入れておきたい。

 

投資用コンドミニアムをマニラに持つなら

 

海外投資のプロ・チャーリーさんが、

丸の内でお茶をしたときに上海の事例を話してくれた。

 

彼がそこに持っていたコンドミニアム

3,000万円で売却した後に、その価格が

4倍の1億2,000万円に上昇してしまい、

とてももったいないことをしたと(笑)。

 

一度売ってしまえば途中参入はできなくなるし、

フィリピンのような成長国ならまだ伸びる可能性がある。

 

さらに売却時に課税されるのも大きい

成長が見込める国であれば売却せずに

長期的にインカムゲインを得ていくのが賢いといえる。

 

 

また先ほど語ったように、マニラを始めフィリピンには

いわゆるプレビルドのコンドミニアムも多い。

 

確かに成長・高騰していく市場の中で、

完成後の市場販売価格ではなく、

現時点での物件価格で購入できるため、

大きな利益が見込める

 

一方で完成前に業者の資金繰りミスなどにより

計画が頓挫するリスクもあるので、

実績や実力のあるデベロッパー

を選ぶことが最大のポイントとなる。

タイトルとURLをコピーしました