フィリピン女性との国際結婚はどんな感じ?

恋愛・結婚

スポンサードリンク






 

フィリピン女性との国際結婚・・・

 

まさにこれを書くタイミングで、このフィリピン女性との

国際結婚が現実味を帯びてきた(笑)。

 

相手はマニラに住むジャピーノ

(ハーフ日本人ハーフフィリピーナ)のlilibeth。

 

これを機に、フィリピン女性との結婚を簡単にまとめてみる。

 

スポンサードリンク

フィリピン女性との国際結婚の傾向

日本で出会ったフィリピン女性(日本の場合はこれが一般的だが)、

また現地でも日本語が流暢だったり

日本人慣れしているフィリピーナと

国際結婚を考える時は気をつけたい。

 

彼女達は当然現地で家族と一緒に暮らしたいが、

何しろフィリピンでは仕事が少ない上に薄給。

 

日本で良い仕事にありつければ、下手をすると

2,3年働けば一生家族を養えるだけのお金が稼げ、

家も買える。

 

またフィリピン女性は日本といつでも行き来できるための

永住権が欲しかったりする

 

あなたが国際結婚を考えるなら、

彼女らが日本円と日本ビザに執着が強い

ということを忘れないでおきたい。

 

 

ちなみに、そもそもフィリピンでは

現地人同士だと事実婚は普通

 

この国に離婚制度がないため、

裁判の手続きで行うアナルメントには

膨大なお金と時間がかかり、

リッチなフィリピン人でなければ

そもそも別れることができない。

 

これを避ける意味でも、また事実婚でも

本当の結婚と何ら変わりなく子供をつくり、

親戚付き合いをしているため

事実上の不都合がない。

 

フィリピン女性と国際結婚するなら知っておきたいのは

 

フィリピーナと結婚する時の選択肢として、

あなたがよっぽどこだわりがなければ、

現地在住者としては当面

事実婚をおすすめしたい。

 

フィリピン人に限らず国際結婚というのは、

文化や言葉の違いもあり、日本人同士よりも

コミットメントがその通りに永続するとは限らない。

国際結婚の離婚率の高さがそれを物語る。

 

フィリピン人は出会いやすい外国人ではあるものの、

長続きしている日比カップルはそれほど多くはない。

 

それを考えると書面上の手続きは待つのが賢明だと感じる。

 

そもそも相手の育った環境によっては

出生証明書をフィリピーナが持っておらず、

その場合は必然的に事実婚になるが(笑)。

 

フィリピンの場合は幸い滞在のための選択肢が広く、

また結婚前の一時居住用のビザもあるため、

正式に籍を入れるのは「本当にこの人と一緒になりたい!」

と強く思えるようになってからでも遅くはない。

 

 

結婚後の生活で現地に住む場合は特に、

日本人ということであなたが頼られる可能性が強いため

お金を持っていることを明言したり、

お金の管理をパートナーや身内に任せないこと

 

少しずつ日本の銀行から引き出し、1週間ごとに必要な分

だけのお金をあげてうまくいっていたのはマラテのカツさん。

おかげで、奥さんの弟の大学の卒業祝い以外は

大きなお金をあげたことはないと語る。

 

住む場所にも、フィリピン人の親戚が寄生しないように

きちんとしつけること(笑)。

またフィリピーナは経済観念が弱いので、

大きなお金を委ねないようにしたい。

 

やきもちにうまく対処する、あなたが浮気をしない(笑)、

コミュニケーションを大事にし、話をしっかり聞いてあげる

などはうまくいくフィリピーナとの結婚の大前提だ。

 

 

ところで、フィリピン女性と国際結婚したら、

現地に移住するという選択肢も出てくるだろう。

 

 

「ボクもフィリピンに移住したいです!」

 

一時帰国中の志木駅前のプロント。

久々に会うなりいきなりそんなことを言い出したのは、

アンディの紹介で友達になった韓国人のボンちゃん

 

フィリピンににわかに興味を持った韓国人。本気で移住?

 

彼曰く、母国からセブなどフィリピンに

英語留学する友達が多く、そのままフィリピンに

移住するケースも少なくないとか。

 

確かに、この移住したフィリピンで現地人と

韓国人のカップルを見かけることは、全く珍しくない

 

何しろ、とにかく英語をマスターしたがっていた

彼なので、フィリピンに住むことは彼にとっても

かなり魅力的だった様子。

 

フィリピンに移住した韓国人の友達に感化され

日本を出ることを本気で考えたボンちゃん。

 

フィリピンに住んでみて良かったこと、

俺の毎日のライフスタイルを、

移住のメリットを交えて教えてあげた。

 

聞きながらウリウリしていたことだろう(笑)。

 

フィリピンという近所の楽園。ここに移住することの利点

 

母ちゃんから離れてまで(笑)

埼玉からフィリピンに実際に移って思うのは・・・

この国は日本人には特に移住に向いているということ

以下の理由で。

 

 

寒暖差がない

フィリピンの年間平均気温は27度。

湿度もそれほど高くなく、

朝晩は窓を開けて扇風機でも快適に

眠れるくらい。

 

夏と冬で40度近い寒暖差がある日本は

特に老人に厳しく、こちらの方が体に優しい。

 

 

物価と人件費が安い

例えばタクシーは初乗り100円強

散髪も100円台だったり

マッサージも数百円

 

食事はいろいろ選べるが、俺がマラテでよく立ち寄る

トロトロなどのローカルフードなら、

一食200円しないほど。

 

日本円を安定的に稼げる手段があれば、

価格差を利用して快適に暮らせる

 

 

地震が少ない

世界トップ5に入る地震大国日本と異なり、

巨大地震におびえる必要がない。

何より怖い原発もフィリピンにはないので、

二次的な被害も起きない。

 

 

人がいい

南国らしく、明るくてフレンドリーな人が多いが、

それはアジアで最も自殺率が低いことからも分かる。

 

何より親日の人が多いので、

日本人のあなたは陽気な仲間に囲まれて

楽しく暮らすことができる。

 

 

経済が伸びている

経済成長率が6%以上。

人口が1億を超えながら平均年齢は23歳、

英語を武器に海外で外貨を稼ぐ彼ら。

 

伸びている国ではビジネスチャンスも多く、

投資にとっても最良の市場となる。

 

 

英会話を学べる

アメリカ人、イギリス人に次いで

世界で3番目に英語を話す人が多く、

アジアで最も綺麗な英語を話すフィリピン人。

 

ボンちゃんの友達がそうだったように、

韓国人を中心に語学留学熱が高い。

 

ネイティブも認める英語力を現地で生で学べることは、

英会話習得の何よりのチャンスだろう。

 

 

日本の良さを再発見できる

まだまだ綺麗とは言えない街並み、不衛生なトイレ、

渋滞と電車の少なさ、雑な接客。

 

日本で当たり前のものがないことで、日本の便利さ・

快適さを再確認できる。

 

これら以外にも、あなただけの移住のメリットが

見つかるかもしれない。

 

俺にももちろん、たくさんある(笑)。

タイトルとURLをコピーしました