40代で無職になったら 人生を棒に振らないためのリスク回避術

仕事

スポンサードリンク






 

40代で無職・・・仕事がないとただでさえ不安なのに、

この年代になると何かと同世代と比較され、

焦りや惨めさで

どうしようもない気持ちになる。

 

 

なぜこうなってしまったのか。

これからどうすれば良いのか。

 

少しでも希望の光を見つけ、

絶望から抜け出す方法をご紹介しよう。

 

スポンサードリンク

40代で無職になるパターンは?なりやすい人の特徴と考え方とは

 

40代で無職の人に多いパターンがある。

 

引きこもり・うつ病などの精神疾患を持つ人・フリーター生活から抜け出せずに

40代に突入した人などだ。

 

これらの人たちに多いのは、

他人とコミュニケーションがとれないということ

 

他人とコミュニケーションをとることが出来ないために、

外に出ることが億劫になる。

 

そして昼夜逆転生活となり・・・

どんどん悪循環になってしまうのである。

 

 

しかし、

無職のままで良いと思っているわけではない。

 

最低限の収入を得て暮らしていきたいと

思っている人が多いのだ。

 

 

だが、社会に対する不安が強く、

なかなか実行に移す人が多くないのが現状であろう。

 

その他にも

ずっと働いてきたが、不況の煽りを受けて

40代で突然のリストラにあってしまったというのも

実に多いパターンであるといえる。

 

 

今まで働いてきた実績があるので、

再就職へ動き出す意欲はあるだろうが、

リストラにより自信を失ってしまう方

少なくないであろう。

 

40代で無職、どうすれば職を手に入れられる?絶望から抜け出す方法

 

40代で突然無職になってしまった場合、

どうすれば再就職できるのだろうか。

 

 

まず正社員採用は30代前半までが中心となっているため、

特別な資格などがない限り、

40代の採用を積極的に行う企業は少なくなっている。

 

 

養うべき家族がいる場合、

アルバイトなどの非正規雇用で暮らしていくというのも

現実的ではないだろう。

 

 

キャリアや資格がある場合は、

ニーズに合う企業を探し積極的にアピールしていこう。

 

活かせる経歴がない場合は、

今からでも資格取得を目指すことも可能だ。

 

もしくは、

希望条件を妥協することも必要となる。

 

通勤に不便な地域のものなど、

あまり人気のなさそうなものを選ぶのも

一つの手である。

 

 

なかなか簡単に採用とはいかないであろうが、

実際に40代の再就職を実現している方も

少なくはないのだ。

 

希望を捨てず強いメンタルを持ち、

挑んでいく気持ちが大切である。

 

40代で無職になった!死ぬしかないと思い詰める前に

 

40代で無職となり、死ぬしかない・・・

と思っている方も、

もしかしたらいるかもしれない。

 

確かに日本では働き盛りであるはずの

40代の自殺率は他の年代よりも高くなっている。

 

 

しかし、

そこまでネガティブに考えるべきことだろうか。

 

養うべき家族を持ち、

住宅ローンや子どもの学費など、

考えだすと確かに落ち込んでしまうだろう。

 

 

だが、死ぬくらいの思いがあるならば、

少しでもできることはあるのではないだろうか。

 

非正規雇用の掛け持ちなどでも、

何もしないよりはずっとましである。

 

 

そして日本には、

無職になってしまった人への救済制度もあるのだ。

 

しっかりと活用できるものは活用し、

これからの生活を整えていこう。

 

 

ハローワークでの職業相談・紹介も、

この救済制度の一部である。

 

ハローワークでの求職者支援制度というものもある。

 

これは無料の職業訓練を行い、

一定の支給要件を満たす場合は

職業訓練の受講を容易にするための

給付金が支給される制度だ。

 

この制度を使用することで

就職を実現する方も多い。

 

 

または生活に困窮している方の保護、

その最低限度の生活の保障と

自立の支援を行う生活保護を利用する手段もある。

 

これらの制度を利用することで

立ち行かない状況を打破するきっかけ

なりえるのではないだろうか。

 

40代で無職・職歴なしの人は仕事ができる?就職するならこの職種

 

40代で無職・職歴なしの場合、

今からでも働くことはできるのだろうか。

 

結論から言えば、

働くということはもちろん可能である

 

 

しかし、

一般的な40代と同じ収入を得ようというのは、

難しい話である。

 

 

今の日本には非正規雇用のアルバイトなどの仕事はたくさんあるので、

まずはそこから始めてみるのも良いだろう。

 

少しずつでも働く経験を積むことは大事である。

 

 

一般の企業にきちんと就職するとなると、

かなり大変な道のりになるだろう。

 

苦戦することを前提に

粘り強くチャレンジしていく気持ちが大切である

 

 

面接の際には

なぜ今まで働いていなかったのかということは必ず聞かれるので、

できる限り前向きな理由を用意しておくことが必須となる。

 

「○○になるための資格取得勉強をしていた」

「○○という病気のため働くことが困難だった」など、

具体的に説明できるようにしておこう。

 

 

職種を選ぶ場合は、

何か少しでも過去の経験が役に立つものを選ぶのが良いだろうが、

40代・職歴なしとなると、

どんな職種のものでもどんどん応募していく方が良いだろう。

 

ただし履歴書を見て書類で落とされる可能性が高いため、

まず面接を行っている会社を選ぶ方が採用率も上がるであろう。

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。

40代での職探しはかなり困難である。

 

しかし、

粘り強く探していけば、

採用してくれる企業も見つかるかもしれない。

 

 

実際に自分の周りでも、

40代での転職に成功している方がいるのだ。

 

自分と同じマザコンで(笑)久米川に住む

康成さんもその一人。

 

 

なかなか簡単にはいかなかったようだが、

諦めなければ何とかなるとおっしゃっていた。

 

 

職歴や資格ももちろん大事であるが、

諦めない気持ちというのが一番大事であるように思う。

タイトルとURLをコピーしました