楽天トラベル、領収書が印刷できない…スマホから印刷!スマホからのコンビニでの印刷方法と再発行するには

日常

スポンサードリンク






 

楽天トラベルは非常に便利な宿泊予約サイトですが、

その領収書が印刷できないで困っている人もいます。

 

そこで、安心して領収書を印刷する方法

オンライン払いで記載される、されない内容

まとめました。

 

スポンサードリンク

楽天トラベル、領収書が印刷できない!スマホから印刷(コンビニはpdf)スマホ、コンビニの印刷方法

 

楽天トラベルを利用して、いざ領収書をスマホを使って

コンビニで印刷しようとしても方法がわからず印刷できない

と困った経験をされた方は沢山います。

 

そこで、ここではオンラインカード決済を選択した場合の

領収書の発行方法をまとめていきます。

 

 

まず、楽天トラベルの領収書

スマホを使って印刷することが可能ですが、

そのためには一度領収書をPCでpdf化して

スマホに送り保存する必要があり、

そこまでの作業はPCを利用しましょう。

 

というのも、楽天トラベルのスマートフォンページでは

個人ページには飛べないし、

pdf化するにもPCでの作業が必要、

あるいは圧倒的に楽だからです。

 

そのため、ここでまとめる領収書の発行手順は

PCを利用した、楽天トラベルのPC用ページの

操作方法がメインとなっていきます。

 

まず、PC用トップページから個人ページに移るには、

右上にある「予約の確認・キャンセル」ボタンを選択し、

それから「キャンセル済み・過去の予約」を押すと飛べます。

 

ここで領収書を発行したい予約を選択し

領収書発行」ボタンをクリックすると、

宛名を記入する画面が開くので

必要に応じて記入します。

 

このまま印刷することも可能ですが、

スマホを使ってコンビニで印刷する場合

ここでpdf化します。

 

というのも、楽天トラベルの領収書

2回までしか印刷できず、しかも印刷が失敗しても

ボタンを押した瞬間に「印刷した」とみなされ

1回にカウントされてしまうため、

ここで保存しておいた方が圧倒的に安全なのです。

 

コンビニで印刷しない方も

スクショなどで記録は残しておきましょう。

 

 

pdf化する手順は楽天画面の印刷ボタンをクリックし、

印刷画面が表示されたらプリンターの送信先を

PDFに保存」に変更して「印刷」ボタンの代わりに

保存」ボタンを選択して完了です。

 

この保存したファイルを選択すれば

何度でも印刷が可能となります。

 

あとはスマホにこのファイルを共有させて、

コンビニのコピー機にネットプリントの登録を済ませれば、

領収書の印刷ができます。

 

 

自分は家にプリンターを置いているのですが、

それでもpdf化して保存する方法は非常に有用なので

積極的に活用しています。

 

このひと手間で安心感が違うのです。

 

楽天トラベルの領収書を再発行したい。分割の場合領収書印刷は?プラン名とキャンセル料は領収書に記載? 

 

楽天トラベル領収書印刷はスマホを用いて

コンビニでも印刷できることが分かりましたが、

場合によってはその詳細、例えばプラン名やキャンセル料、

分割払いの表記がなされた領収書が必要な場合もあります。

 

そうした細かい指定も可能なのか調べました。

 

 

まず、楽天トラベルの領収書

プラン名を記載することはできません

なので、必要な場合は現地決済を選択しましょう。

 

なお、現地決済では発行元が宿泊施設となり、

現地で領収書を受け取ることになります。

また、分割払い記載不可です。

 

オンライン決済の場合、

宿泊時にかかった金額のみ記載されます。

 

そのため、移動費や宿泊費代に含まれていないサービス料金

追加で領収書に記載する必要がある場合は、

その都度領収書を現地で発行する必要があります。

 

 

キャンセル料現地決済、

オンライン決済のどちらでも発行可能です。

 

ただし、利用したポイントの扱いが少々異なります。

 

現地決済の場合は、ポイントはキャンセル料に充てられず、

そのまま返却されます。

 

一方オンライン決済では、強制的に

キャンセル料に充当されてしまいます。

 

 

また、クーポン現地、オンライン決済どちらにおいても

翌日に返されるか、あるいは利用上限の枚数に達していると

失効扱いとなります。

 

発行されるタイミングは、現地決済では

そのまま宿泊施設のルールに則り現地で発行され

楽天トラベル上では宿泊後に通常通りの領収書発行手順に従えば

そのまま印刷できます。

 

 

どちらもそれほど大きな違いはありませんが、

より詳しい記載が必要、あるいはポイントやクーポンを利用した場合は、

現地決済にしてその場で記載出来る内容を

確認した方が安全といえます。

 

 

なお、現地決済を選んでも領収書の発行元が変わるだけで、

クレジット払いや現金払いなど支払方法は選択できるので、

例えばクレジットで分割払いを希望する人も

特に現地払いを選んでも問題ありません

 

ただし、クーポンやポイントなどの利用方法

宿泊施設によっても異なるので、

事前にしっかりチェックしておきましょう。

 

 

便利さをとるならオンラインカード決済ですが、

詳細の表記や確実性は現地決済であるといえますね。

 

自分の目的にあった方法を選びましょう。

 

まとめ

 

楽天トラベルで宿泊施設の予約から支払い、

領収書の発行まで全て済ませられるのは

とても便利で魅力的です。

 

しかしその一方で、2回しか発行できない

あるいは領収書に表記されない項目もあるなど、

注意が必要なことも分かりました。

 

 

領収書の発行で一番に確認すべきは、

どうやって領収書を発行するか以前に、

どういった表記がなされたものが必要なのかです。

 

それを分かったうえで楽天トラベルを利用すると、

調べるべきことは明確になるので非常に楽になります。

 

不安な場合は宿泊施設に直接問い合わせるのも

確実で安心ですね。

 

 

どちらにせよ必要な情報はしっかりと記録に残しておけば、

心置きなく会社の費用で宿泊を楽しめるので、

事前準備は万全にしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました