佐川急便 法人として契約する方法、契約料金や契約できる条件は?メリットや料金表をチェックしよう

日常

スポンサードリンク






 

佐川急便を法人として契約したい

と考えている方へ向けて、

契約料金・条件などをご紹介していく。

 

個人で佐川急便を利用するよりも

法人契約しサービスを利用した方が

便利なこともあるため、

参考にしていただきたい。

 

スポンサードリンク

佐川急便 法人で契約するには?詳しい契約方法や条件、料金など…メリットはある?

 

佐川急便の法人契約は、個人で契約ができないのでは?

と考えている方もいらっしゃるかもしれないが、

そんなことはない。

 

個人でも、屋号を持っていれば

よりスムーズに法人契約をすることができる。

 

 

佐川急便の法人契約の方法についてだが、

最寄りの営業所に電話をすることで契約ができる。

 

佐川急便の法人契約をする際に必要なものは、

印鑑・銀行口座など。

 

その際、他の運送業者との料金も見て検討したいという場合は、

その旨を営業担当者に伝えると

より自分に合った運送業者を見つけられる。

 

 

佐川急便の法人契約の料金については、

月間の出荷数によって異なるため

佐川急便で見積書を出してもらうのが確実と言える。

 

 

佐川急便の法人契約をするにあたって

特に条件などはないが、取り扱う荷物が多ければ多いほど

法人契約をするメリットがあると言えるだろう。

 

佐川急便の法人契約のメリットとして挙げられるのは、

梱包袋を安く分けていただけるという点や、

定期的に佐川急便にて出荷をしていれば

呼ばなくても来てくれるといったものがある。

 

さらに佐川急便のスタッフと仲良くなっておけば、

よりスムーズに出荷を進められる

 

佐川急便 法人として契約したらメリットは?契約条件、料金表など…カード決済のオススメ方法も

 

佐川急便の法人契約の条件は、

いうなれば出荷する荷物の個数が多いことということだ。

 

月に数個でも契約できないことはないが、

より高くなる可能性もある。

 

しかし、佐川急便で見積書を出してもらわないことには

料金もわからないため、まずは最寄りの営業所へ電話をし、

営業担当者に見積書を出していただくことがいいだろう。

 

 

佐川急便の法人契約の料金表については、

契約する方によって料金が違うためか見つけられなかった。

 

しかし、同一荷送人より1回に出荷される個数がまとまっている場合

次の表の割引率が適用される。

 

<数量割引>

個数 割引
11~50個 10%
51~100個 15%
101~500個 20%
501個以上 30%

 

さらに、3ヵ月以上にわたり常時出荷している荷送人で

文書による特約がある場合1回ごとの平均出荷数によって

割引率を決めて割り引いて出荷することができる。

 

このように、佐川急便で法人契約をするメリットとしては

割引がつくことと、梱包袋を安くいただけるなど

といったものがある。

 

 

また、以前は一定の割引金額があったというが、

最近では佐川急便の法人契約の料金が

一般の定価へ値下げされている。

 

佐川急便の法人契約ではカード決済も可能だが、

電波状況によってカード決済端末機が使用できない場合もあるため

留意する必要がある。

 

まとめ

 

佐川急便の法人契約について紹介してきたが、

参考になっただろうか。

 

法人契約をすることで、梱包袋が安くなったり

定期的に利用することにより佐川急便のドライバーと仲良くなり

荷物の出荷がスムーズにいったりするといったメリットもある。

 

 

最近では、代理で輸入するという個人の働き方も多く、

海外から商品を輸入しネットで販売するといった

在宅でできる仕事も増えてきた

 

自分もそのような仕事の経験があるが、

自宅に居ながら作業を進めることができ、

購入する側も自分で手間をかけることなく

商品を入手することができるため便利な時代だと感じた。

 

そのような仕事も増えてくる中で、

佐川急便やその他配達業者といった職業が

活躍しつつあると感じている。

 

そういった職をする中で、もし出荷数が定期的に多いのであれば

法人契約をして取引をするとよりスムーズに出荷を進められる。

 

個人でも法人契約をすることは可能であるため、

できれば屋号を取得して法人契約をすると

佐川急便側に対しても手間にならないため

いいかもしれないと自分は感じた。

タイトルとURLをコピーしました