佐川急便のリードタイム表の一覧…土日の場合、日本地図でみれる表は?北海道など離島のデータも

スポンサードリンク






 

発注から配達までの時間を、リードタイムというのだが、

佐川急便のリードタイム票の一覧…土日の場合、

日本地図でみれる表は?

 

北海道など離島のデータも気になるという意見があるので、

調べていきたい。

 

 

スポンサードリンク

佐川急便のリードタイムは土日も含まれる?リードタイムの一覧の表のデータ

 

佐川急便のリードタイムは土日に含まれる?

という疑問があった。

 

正解は、佐川急便のリードタイムは土日も含まれる。

なぜなら、佐川急便は土日も配送しているからだ。

 

佐川急便のリードタイム表のデータについて見てみると、

翌日か、翌々日の届けが、基本届け日だった。

ただ、遠方は3日以上と表示される。

 

特に、佐川急便のリードタイムは離島の場合は、

3日以上となっているが、

他の届けより時間がかかる見込みもある。

 

なぜなら、

離島は海の状況でも配送状況を左右されるからだ。

 

 

佐川急便配達日数確認方法だが、

佐川急便のサイトにアクセスすれば、

 

発送地と届け先を入力できるシステムがあるので、

そこで検索して確認できる。

項目には、都道府県を全て選べるので便利だ。

 

リードタイム遠方の場合の注意は、

場所によっては配達日数が違う所だ。

特に離島の場合、離島からの発送は基本的に時間がかかる。

 

目に見えない状況の変化が輸送には付きまとうので、

配達日数はあくまでも目安だ。

 

いちいち配達日数を暗記しても仕方ないので、

佐川急便のサイトで確認が効率いいのだが、

 

システムで扱っているのは都道府県で、離島の項目がなく、

離島からの、発送や届けの選択はできない。

 

そのため、近くの都道府県を参考にするか、

直接連絡が分かりやすい。

 

 

佐川急便のリードタイムを日本の地図でみれる表はある?県別で確認したい場合は?

 

佐川急便のリードタイムは

日本地図で表示されたシステムで確認ができる。

 

北海道から北海道は、翌日届く予定になるので、

青色に染色されて表示される。

 

このとき、翌日は青色、翌々日は緑色、

3日以上はピンク色で表示されていて分かりやすい。

 

佐川急便のリードタイムを北海道から北海道で調べたが、

他の場合はどうなるのかが気になる。

 

基本的には発送都道府県から外に届けなければ、

翌日届けになると考える。

 

 

佐川急便リードタイム北海道から沖縄の日数、

3日以上となった。

 

というよりかは、東北エリアと関東エリア以外は、

3日以上と表示されている。

 

基本的に北海道からの届けは道外は遅いが、

北海道内は速いという感じ。

 

佐川急便翌日配達エリア確認だが、基本的に検索のときに、

北海道なら、北海道から北海道で検索すれば、

同時に全国の配達日数が表示される。

 

そのときに、色分け表示と共に、

都道府県名も表で確認できるので、

翌日配達できる都道府県も確認できる。

 

このときに注意なのは、発送先の都道府県を間違えると、

その時に表示される配達日数が変わるところ。

発送先の都道府県を間違えないようにしたい。

 

佐川急便リードタイム短縮を狙うのは現実的ではないが、

交通状況が良いときに発送するとか、

海が荒れていないときを狙うとか、

 

道路状況や天候に左右される運送業の

速くなりそうな時期を見越して、

発送をすると、予想より早い到着が達成される可能性はある。

 

 

まとめ

 

今回は、輸送にかかる日数を調べた。

基本的には、近場は翌日配達なので、

アマゾンも驚きの配達速度だと考える。

 

 

ただ、佐川急便は運送会社であり、

アマゾンのように個人事業主と契約していることはないので、

組織として強いといった感じになる。

 

そして、輸送を主な事業としているので、

アマゾンに張り合うイメージをしてしまうのは、

すこし違和感が生じた。

 

佐川急便も、アマゾンのように、

配送拠点が多くなり巨大化しているので、

 

楽天などのIT会社と技術提携など結ぶなり、

他の運送会社と手を組むなりして、

巨大な資金力を持つ企業の力が見てみたい。

 

そのとき、新規事業を合同会社で起こして

世界を驚かせたら素晴らしい。

 

タイトルとURLをコピーしました