佐川急便、元払いの伝票について!伝票の書き方や支払い方法をご紹介

日常

スポンサードリンク






 

佐川急便の元払い伝票について、

伝票の書き方が知りたいという方や

 

支払い方法について知りたいという方に向けて

伝票の書き方などをご紹介する。

 

元払い伝票は使用する機会も多いため、

覚えておいて損はない。

 

 

スポンサードリンク

佐川急便 元払いとは?元払いの仕組みや伝票の書き方、印字伝票や支払い方法についてチェック!

 

そもそも、佐川急便の元払い伝票についてだが、

佐川急便、他配達業者でいう元払いとは

荷物を送る方が送料を負担するシステムである。

 

 

発送する人が払うことから「発払い」とも呼ばれている。

その逆で、荷物を受け取る側(荷受人)が

送料などを負担することを着払いという。

 

この場合の伝票は元払い伝票ではなく着払い伝票となる。

 

 

次に、佐川急便の元払い料金について

一部の地域をピックアップしてご紹介する。

 

今回例に挙げるのは、

関東【茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨】から

各地域に発送した場合の価格である。

 

(飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便を利用した場合)

 

<佐川急便元払い料金>

関東→各地域 北海道 東海 南九州
飛脚宅配便(60サイズ2kgまで) 1,210円 770円 1,210円
飛脚ラージサイズ宅配便(170サイズ) 3,960円 3,135円 3,960円

 

また、佐川急便で元払い伝票を作成する方法として、

e飛伝Webなどがある。

その際には、送り状への印字内容を確認する必要がある。

 

送り状印字ソフトウェア等による佐川急便の

元払い伝票を印字した場合、以下の点について確認をして送ろう。

 

  • 郵便番号に間違いがないか
  • 住所が記載されているか(荷受人・荷送人どちらも)
  • 電話番号が記載されているか
  • 個数は記載されているか
  • 品名が記載されているか
  • サイズが記載されているか
  • 受付日はいつか
  • 保険金額が記載されているか
  • 飛脚クール便を利用の場合冷凍か冷蔵にレ点をつけているか
  • 運送保険に加入している際にレ点をつけているか

 

印字がされていなかった場合、

佐川急便で印字することも可能だ。

 

佐川急便で伝票が元払いである場合の支払い方法については、

代引引換(e-コレクト)の場合現金・クレジットカード・

デビットカードから選ぶことができる。

 

 

しかし、送った側が現金決済のみを指定している場合や、

電波状況により端末が使用できない場合などは

現金での支払いとなるため注意が必要である。

 

 

佐川急便 元払いの伝票、依頼主と届け先が一緒の場合の書き方は?部署別の請求書や支払い方法について

 

佐川急便にて、元払い伝票の荷物を依頼したい場合には

佐川急便に集荷にきていただくか、

自分で営業所に荷物を持って行くという方法がある。

 

また、引っ越しをする際など荷物によっては

佐川急便で元払い伝票として送りたい荷物の依頼主と

届け先が一緒という場合もあるだろう。

 

そういった場合の佐川急便元払い伝票の書き方としては、

「本人」または「同上」と記載するのが一般的だ。

 

記載がない場合、荷物を預かることができないため

しっかり記載しておこう。

 

 

佐川急便の元払い伝票である場合支払い方法として

選ぶことができるのは、

現金・クレジットカード・デビットカードである。

 

環境によって、現金決済のみという場合もあるため注意しよう。

 

 

佐川急便の元払い伝票を部署別で請求書がほしいという場合には、

佐川急便の電子請求者発行サポートの利用が便利だ。

 

企業向けのサービスを多数展開しているため、

ぜひ活用していただきたい。

 

 

まとめ

 

佐川急便の元払い伝票について、

佐川急便の元払い伝票の支払い方法、

 

佐川急便の元払い料金などについて

紹介してきたが参考になっただろうか。

 

どの配達業者においても、

利用することが多いであろう元払い伝票。

 

書き方をひとつ知っておけば、

着払いにて商品を販売する際やいらないものを

送りたいといった場合に役立てることができる。

 

実際、自分も知人に荷物を送るといった経験がよくあるため、

元払い伝票を利用する機会が多かった。

 

着払い伝票を使う場合は、インターネットの

フリーマーケットを利用した際などに使用するのが便利だろう。

 

インターネットでの販売も多様化してきた今の時代に、

配達業者は必須とも言える存在である。

 

何をするにしても、使い方を知っておくことで

どの場合においても役立てることができるのだ。

 

タイトルとURLをコピーしました