佐川急便のポスト投函って?ポストインで書類を入れといてもらう、受け取り、投函のサービス

スポンサードリンク






 

荷物の運送手段は多いが、受け取り手段は、そんなにはない。

 

ポストインで書籍を入れといてもらう、受け取り、

投函のサービスがあるが、佐川急便のポスト投函って?

 

という意見があるので調べていく。

 

スポンサードリンク

佐川急便のポスト投函…書類などをポストに入れといてもらえる便利なサービス!

 

佐川急便のポスト投函で書籍の投函ができるが、

書籍やCDなどを送れる便種は、

飛脚ゆうメール便などになる。

 

飛脚ゆうメール便は、

日本郵便と佐川急便が提携してサービスをしている。

 

そのため、不在でも荷物を送りたいときや、

佐川急便でポストに

入れといて欲しいときに活用できて便利だ。

 

ただ、飛脚ゆうメールは、日本郵便が届けているので注意。

佐川急便が、集荷と発送もして、

かつポスト投函ができる便種は、飛脚メール便だ。

 

 

上記のように、ポスト投函に対応しているのは、

飛脚ゆうメール便と飛脚メール便のみで、迷いにくい。

 

ただ、飛脚ゆうメール便は、追跡番号が無いので、

現在地などが確認できない。

 

佐川急便ポスト投函可能な書籍の種類なども

確認が必要だが、

 

大切な物など、無くしたときに困るものは

確認が取りやすい便が良い。

 

 

佐川の飛脚メール便は、追跡番号があるので、

連絡して荷物の情報が取りやすい。

 

佐川急便ポスト投函料金は、オプション料などは

設定されていないので追加料金は無い。

 

 

佐川急便ポスト投函個人発送が、最大の難題となる。

佐川急便の飛脚メール便は、荷物の集荷、

配達を個人には提供していない。

 

飛脚ゆうメール便は、

企業からの荷物を個人が受け取れる。

 

 

佐川急便のポストに投函のサービスで受け取りが楽に!ポストに投函してもらえる飛脚便について

 

佐川急便のポスト投函での受け取りは、企業向けが多く、

個人にサービスをしない方向だった。

 

佐川急便でポストに投函してもらいたい場合は、

企業からの配達に限定される。

 

佐川急便ポスト投函大きさ制限は、大きめだ。

飛脚ゆうメール便は、最長部34㎝まで可能。

飛脚メール便は、最長部40㎝まで可能だ。

 

ポスト投函できる形状ならば、取り扱うとなっている。

そのため、厚みは、1㎝程度に設定されているので注意。

 

佐川急便ポスト投函重さ制限だが、便種で差が出ている。

飛脚メール便は、1kg以内での取り扱いだ。

飛脚ゆうメール便は、3kg以内での取り扱いになっている。

 

飛脚ゆうメール便は、日本郵便での取り扱いなので、

飛脚メール便との細かい差異が出ている。

 

佐川急便ポスト投函できるものだが、

飛脚メール便は、雑誌やカタログ等を扱うので、

おもに書籍の取り扱いになる。

 

飛脚ゆうメール便は、書籍やカタログの他にも、

CDやDVDの取り扱いをしている。

 

 

こうやって見ていると、飛脚ゆうメール便に対して、

飛脚ゆうメール便が、DVDも扱うなど、

取り扱い物の内容に幅がある。

 

 

まとめ

 

今回は、郵便ポストに配達できるものを中心に見てきた。

 

佐川急便の配達内容に限り見てきたが、

郵便ポストに投函されたものは、配達されてから、

ポストに鍵が掛かっていないと盗まれる可能性がある。

 

そのため、重要な資料などの記録物を、

ポスト投函は気が引ける。

 

佐川急便の、飛脚メール便は、

個人から個人のポスト投函とサービスをしていない。

 

それは、ポストの施錠や精度に問題がある可能性が

否めないからだと考える。

 

それに対し、飛脚ゆうメール便は、

企業から個人に、ポスト投函をしている。

 

これについては調べてはいないが、事故は起きそうだ。

 

自分で届けている例を想定してみた。

 

企業からのDVDをポスト投函で、頼まれて投函先に行く。

届け先は、個人宅でもない古びたアパートで、

集合ポストは、鍵が掛かっていない。

 

そしてチラシが詰め込まれ、荷物を投函したらはみ出るし、

包装が歪みそうという状況。

 

これで、企業に状況連絡しても投函してくださいと言われたら、

ポスト投函するだろう。

 

しかし、投函後に、投函写真を撮る。投函証拠だ。

そして、その後なんとなく気がかりになる。

結果、盗まれたら嫌な気分になるだろう。

 

なおかつ、ポスト投函のときポストの状態が悪かったら、

届けてはいけないルールが自社にあったら悲惨だ。

 

そして、投函指示の会社が投函の確認連絡を、

受けていないと言い始めたら地獄だろう。

 

ポストが、ゴチャゴチャだったり、壊れているとか、

鍵が掛かっていない場合、

 

投函するか聞くのではなく、

投函できない旨を連絡しないといけないのと、

 

持ち帰りの負担が重なるなど、

ドライバーの仕事が増えそうだと考える。

 

ポスト投函は、

なかなかに信頼関係で成り立っていると考える。

 

タイトルとURLをコピーしました