そら豆が病気かも?そら豆が黒いのはなぜ?そらまめ豆苗が黒い、画像でチェック

日常

スポンサードリンク






 

家庭菜園などでそら豆を作ってみたい!

 

でも、意外と病気になりやすく、栽培が難しいとも言われている。

病気のサインや対処法を紹介していきたいと思う。

 

また近年、栄養価が高いと注目されているそらまめ豆苗。

スーパーなどで気軽に買えるし、再生栽培ができることもあり、

小さな家庭菜園のように楽しむこともできる野菜だ。

 

では、そんなそら豆やそらまめ豆苗について話していきたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

そら豆の病気のサイン そら豆、そらまめ豆苗が黒い時、画像で確認しよう

 

そら豆が病気になった時、葉に黒い斑点のようなものが出てくる。

これは褐斑(かっぱん)病というカビが原因の病気である。

3月〜5月に雨が多いと発生しやすくなる。

 

またそら豆の苗の段階で黒くなるのはウイルスが原因である。

ウイルスを媒介するのはアブラムシで、

発生したら農薬で防除する必要がある。

 

 

では、そらまめ豆苗が黒いのは病気なのだろうか。

豆苗の場合は、そら豆に多く含まれていポリフェノールが

細胞内の酵素によって酸化し黒くなる。

 

食べられるが、ストレスがかかり傷んでいるサインだ。

この場合、再生栽培は見込めない。

 

そら豆の葉が黒くなっている状態を画像で確認してみよう。

初めは、葉に小さな斑点ができるので、

注意して見ておく必要がある。

 

 

そら豆の病気のサインとなる黒い状態の他に

どんなことが考えられるのか。

病気の可能性が考えられるのは9つ程ある。

 

葉にチョコレート色の斑点ができる・葉が枯れる・

葉にモザイク模様ができる・苗が枯れる・苗が萎える・

 

葉に小さい黄色の斑点ができる・葉に赤褐色のえぞ斑ができる・

葉に穴が空く・株の成長が悪い。

 

 

そら豆が病気だと確認する為に必要なことはなんだろうか。

 

乾燥が続いた時や、長雨が続く多湿時期は特に注意が必要だ。

多湿時期でカビやウイルスが原因となる病気によく掛かかる。

 

よく注意して、葉の色や土の状態を確認すると

早く病気に気づくことができる。

 

自分も趣味で家庭菜園を行ったことがあるが、

野菜は天候や水分量など、種類によって適正な状態が変わるので、

育てるのが難しいものもある。

 

作る野菜によって特性を調べておく必要がある。

初めての時は苗が枯れたり、

種を蒔いたのに出てこなかったりしたこともあった。

 

家庭菜園は楽しいが、経験も必要だととても感じた。

 

 

そら豆が黒いのはどうして?病気かも?そらまめ豆苗とそら豆の違い、病気の場合はどうする?画像で確認

 

そら豆が病気になり黒い状態になるのはどうしてなのか。

最初は葉や茎、さやに赤褐色の小さな斑点ができ、

やがて3〜5cm程の濃褐色の斑点になる。

 

ひどい場合は内部の豆にまで症状が現れる。

早い段階で、病気だと気づいて対処できると、

内部まで症状が出ることを防げる可能性もある。

 

 

では、そらまめの豆苗が黒い状態はなぜ起こるのだろうか。

そらまめ豆苗はとても栄養価が高い野菜だ。

 

βカロテンやビタミンB群、ビタミンKや葉酸が多く含まれ、

今注目されている。

栄養価が高いが為に、細胞内の酵素が酸化しやすいのだ。

 

酸化した豆苗は黒くなってしまう。

再生栽培をしたい方は、日の当たり具合や、

水の加減に注意して育てて欲しいと思う。

 

自分もそらまめ豆苗の再生栽培に

何度かチャレンジしたことがあるのだが、

毎回うまくいくわけではなかった。

 

水の管理を同じように行っても、必ず再生できなかったのだ。

おそらく天候や気温に左右されて、病気になってしまったこともある。

豆苗が黒くなったこともあるので、それは水をやりすぎたのだと思う。

 

成功した時はすごく嬉しくて、ウキウキで料理をした。

では、そら豆とそらまめ豆苗の違いはなんなのだろうか。

 

一般的に「豆苗」と言えば大豆の芽のことを指すが、

そらまめ豆苗はそら豆のものだ。

 

種からでた苗の状態の時に食べるのが豆苗。

そこから豆の実をつけるまで育てて食べるのが、

そら豆ということになる。

 

 

そら豆が病気の場合の対処法は?

病気を引き起こす病原菌は、葉や茎の傷ついた箇所から侵入する。

 

そのため、敷き藁やシートを敷くなどして、

水やりの時の泥の跳ね返りを防ぐことが大切だ。

土壌の排水性が悪い畑は、伝染性の病気が蔓延しやすい。

 

畝と畝の間に水が溜まらないようにすることも対処法の1つだ。

 

 

まとめ

 

ここまでそら豆と、そらまめ豆苗の病気のサインなどについて

話して来たが、参考になっただろうか。

 

これから新しく野菜作りを始める人や、やってみたけど、

なかなかうまく育たない、などという方も、

また再度チャレンジして欲しいと思う。

 

自分が作った野菜は、とても美味しく感じる気がする。

愛情をかけて育てるからだろうか。

天候や気温にとても左右される野菜作り。

 

しかしだからこそ、自分で作る楽しみがあるのではないかと思う。

 

タイトルとURLをコピーしました