amazon、転売防止へ転売屋チェッカー登場!手数料一覧と発送が別の業者の場合の個人方法はどうなる?

日常

スポンサードリンク






 

amazonで転売の商品が売られていることが多々ある。

 

それに対して防止するシステムが開発されているが、

それらを含めて紹介していきたい。

 

スポンサードリンク

【amazonの転売屋チェッカー】商品を個人で販売する時の手数料一覧と転売屋対策、ビジネスも

 

amazonには、転売を目的とした商品も売られている。

 

そもそも転売とは、購入した商品を

他の人に売るという行為のことだ。

 

この言葉の意味だけをとれば、

スーパーやコンビニなど一般的なお店でも当てはまるだろう。

 

しかし社会的なイメージとしては、

転売と聞くと悪い印象持たれることが多い

 

転売屋が限定商品を買い占め、

高額出品をしているという状況が

問題として取り上げられる。

 

amazonで転売するのは法人だけでなく、

個人でも行なっていることがある。

 

同じ商品を購入するのであれば、

転売屋から買いたくないという人もいるだろう。

 

 

amazon側は転売屋への対策を行なっているのだろうか?

 

転売という行為自体は違法ではないため、

取り締まることはできない。

 

最近ではマスクや消毒液への法律ができたが、

それは特別措置である。

 

 

amazonで起こっている転売ビジネスは、

避けることができないのだろうか?

 

amazonの転売屋をリストにして、

転売屋がわかるようになるシステム

転売屋チェッカー」というものがある。

 

amazonの転売屋の見分け方がわからないという人でも、

他の人のコードを入力することで、

転売屋かどうかがわかるようになる。

 

 

amazonの販売と発送元が違うことがあるが、

そのことについては後ほどふれていきたい。

 

販売と発送が別だと個人情報は?販売元でメルカリもamazonも違法?見分け方とおすすめツール

 

amazonでの転売を見抜くおすすめのツールは、

先ほど紹介した「転売屋チェッカー」だ。

 

amazonの転売を見抜くツールは、

まだそれほど開発されていない。

今後、増えていくのだろうか。

 

 

ヤフオクのように、amazonでも

転売を通報されることはあるのだろうか?

 

メルカリのように、amazonでも

転売を通報できるシステムはあるのか?

 

 

amazonでは、無在庫販売の転売屋に対して

通報することができる。

 

無在庫販売とは在庫を持たずに販売する手法で、

amazonでは利用規約で禁止されている。

 

 

amazonで、販売元には個人情報がバレてしまう。

 

amazonと販売元が違うということもある。

 

amazonで販売元を確認するには、

商品ページを開けばいい

 

amazonの販売元が

中国の会社になっていることもあるだろう。

 

怪しいときには、

amazonの販売元を検索してみるのもよい。

 

amazonの販売元を検索することで、

ある程度絞り込みができることもある。

 

 

もしトラブルが起こった時、

amazonの販売元に問い合わせるにはどうしたらいいのか?

 

amazonの販売元を確認する方法は、

商品ページの販売元からページを開ければ

詳しい情報が記載されている。

 

【amazon転売のやり方】通報されない方法と販売手数料の計算の仕方、一覧 メルカリで転売もおすすめ

 

amazonで転売屋として通報されないようにするためには、

何か方法があるのか?

 

amazonの転売屋チェッカーでは、

転売屋が一覧としてリスト化されているため

載ってしまうと難しいだろう。

 

 

amazonとメルカリの両方を利用して、

転売するやり方もある。

 

amazonもしくはメルカリで仕入れを行い、

出品するという流れだ。

 

 

他にもamazonで仕入れて、ヤフオクで転売を行うことで

転売屋を見抜くツールを回避することもできる。

 

米アマゾンで転売すると儲かるため、

そのやり方を紹介しているサイトもある。

 

 

もしamazonで販売していた商品が通報されれば、

ログイン出来なくなるのだろうか?

 

まず、amazonから警告メールが届くため、

それを確認する必要がある。

 

規約を改善したのちにamazonへ報告すれば、

再び販売を再開できるようになる。

 

 

amazonでは、販売手数料

消費税とは別にとられる。

 

amazonは、その販売手数料が高い

という話も聞く。

 

確かに、amazonでは販売手数料

カテゴリーごとに異なるが、8~15%である。

 

大口出品者月額4900円の基本料を払う代わりに

売れた商品ごとの手数料は課されず

小口出品者月額料がない代わりに

売れた商品ごとに100円の手数料がかかる

 

amazonの販売手数料は様々だが、

食品のように一定額を超えるかどうか

手数料の割合が変わる場合もある。

 

amazon販売の方法。販売者や発送を検索する場合、偽物かどうか絞り込みができる!連絡する方法 

 

amazonの販売者や発送を検索することで、

信頼してよい商品かどうかを絞り込む方法をご紹介する。

 

特に高額な商品を考えている場合は、

気になるところだろう。

 

 

amazonの販売者や発送によって、

偽物を発送されたというトラブルもある。

 

 

それでは、amazonの悪質な販売者や

発送を絞り込みたい時にはどうすればいいのだろうか?

 

まずamazonでの、販売者と

発送の違いについて説明する。

 

販売者とは商品を販売している会社や個人のことで、

発送とは商品の在庫を抱えている会社や個人のことである。

 

amazonのシステムでは、販売者と発送のどちらにも

購入者の個人情報が公開される。

 

先ほども説明したが、amazonの販売者を検索したい時には、

商品ページから見ることができる。

 

そして、amazonの販売者に連絡する必要がある時は

販売者のページを開ければ良い。

 

そこでは、amazonの販売者が

どのように評価されているか確認することができる。

 

 

amazonでは、販売者の住所や連絡先が登録されている。

 

amazonの販売者は住所など個人情報が公開されているため、

安心している人もいるかもしれない。

 

しかし、実際に詐欺などの可能性もあるため

注意が必要だ。

 

 

amazonで悪質な販売者を絞り込みたい時には、

どうすればいいのか?

 

先ほど紹介した最近の評価を参考にするのもひとつだ。

しかし、評価がいいからといって

確実に否定できるわけではない。

 

amazonの販売者情報を参考にしてもよい。

住所が公開されているため、

その住所を確認するのもひとつだ。

 

明らかに営業しているような住所でない場合で、

かつ商品が安すぎたりした時には疑ってもいいだろう。

 

amazonでは、販売者側も個人情報を公開しているため

有効に活用できる。

 

 

話が変わるがamazonでは、

電子書籍の販売を個人でもできる。

 

無料でセルフ出版できるため、

初心者にとっては安心だ。

 

まとめ

 

Amazonの市場は国内でも大きいため、

転売屋にとってもメリットはある。

タイトルとURLをコピーしました