鯛の塩焼きを冷凍で保存、日持ちはいつまで、リメイクで吸い物に

日常

スポンサードリンク






 

鯛の塩焼き冷凍できますが、

それには少しコツがいります。

 

そこでここでは

鯛の塩焼きの冷凍の保存の仕方

回答した冷凍の鯛の塩焼きのおいしいリメイク方法

について紹介します。

 

スポンサードリンク

鯛の塩焼きを冷凍で保存してもいいの?日持ちはどれぐらい?

 

食べ物には冷凍できるものと

冷凍できないものがありますが、

鯛の塩焼きは冷凍保存ができます

 

しかも鯛の塩焼きは常温だと

1~2日ほどしか日持ちしませんが、

冷凍保存すると3カ月ほど保存可能です。

 

ですから鯛の塩焼きをあとで食べたいという場合

冷凍保存するのがおすすめです。

 

 

鯛の塩焼きを冷凍保存する場合のコツですが、

しっかり密閉すること」がポイントになります。

 

というのも鯛の塩焼きが密閉されず冷凍されると、

中に霜ができてしまったり

冷凍焼けが起きてしまったりするからです。

 

鯛の塩焼きを冷凍保存する時は、

空気が入り込まないようしっかりラップでくるんだあと、

さらにフリーザーパックなどに入れてから

保存するのがおすすめです。

 

 

ちなみに鯛の塩焼きの解凍方法は主に3つあります。

 

それは「レンジで温める」、

オーブントースターで焼く」、

フライパンで焼く」というものです。

 

そしてどの手段を使うかで

鯛の塩焼きの焼き上がり方も違ってきます

 

まず「レンジで温める」方法ですが、

冷凍の鯛の塩焼きをレンジで温めると、

鯛の塩焼きはふっくらとした柔らかい塩焼きにります。

 

次に「オーブントースターで焼く」方法ですが、

オーブントースターで焼いた場合は、

外の皮がパリっと焼けた塩焼きになります。

 

最後に「フライパンで焼く」方法ですが、

フライパンで焼く場合は蓋をして蒸し焼きにして焼くことになるので、

電子レンジと同じようにふっくらとした塩焼きになります。

 

鯛の塩焼きをどの歯ごたえで食べたいか

手段を変えると良いですよ。

 

 

ちなみに自分の場合は断然オーブントースターを使います。

オーブントースターを使うと皮がパリっとしておいしく、

さらに方法も鯛の塩焼きを入れてダイヤルを回すだけなので

調理が簡単だからです。

 

鯛の塩焼きに限らず、冷凍ものを解凍+焼きたい時は

自分はたいていオーブントースターを使います。

 

冷凍した後の焼き鯛をリメイクでお吸い物に!鯛の塩焼きの日持ちする冷凍方法も紹介。

 

鯛の塩焼き冷凍したら、いつかは解凍して食べます。

 

解凍した鯛の塩焼きはレンジやオーブトースター、

フライパンなどで焼き直して改めて

「鯛の塩焼き」として食べても良いですが、

冷凍した鯛の塩焼きはリメイクして

お吸い物にするのがおすすめです。

 

というのも、いくらキレイに焼き鯛を冷凍できたとしても

やはり時間が経ってしまうと風味は落ちてしまいます

 

 

その落ちた風味をカバーし

逆に味わい深くしてくれるのがお吸い物なんです。

 

冷凍した鯛の塩焼きの吸い物へのリメイク方法ですが、

まず鯛の塩焼き(冷凍)を解凍します。

 

そして身を箸などで取り、

食べやすい大きさにほぐします。

 

あとは鍋に昆布と

鯛の塩焼き(身とその他)を入れて煮ます。

 

醤油とだしの素で味を整えれば

鯛の塩焼きのリメイクお吸い物の完成です。

 

また、鯛の塩焼きのほぐし

みそ汁に入れてもおいしいですよ。

 

ほかにも、炊飯器に入れてご飯と一緒に炊けば

簡単に鯛めしを作ることができます。

 

 

焼いた鯛日持ちしないのが難点です。

 

さらに鯛は高い食品なので、

できれば食べきれずに捨ててしまった

という事は避けたいものです。

 

そんな時に冷凍保存を使えば

傷みやすい鯛を長期間保存することができますし、

料理の幅も広がります。

 

もし鯛の塩焼きが余ってしまった場合

無理して食べようとせず冷凍するのがおすすめです。

 

 

自分が好きな鯛の塩焼きのリメイク料理

やはり吸い物です。

 

鯛の吸い物はもちろん生の鯛のお頭を使ってもいいですが、

個人的には冷凍の鯛の塩焼きを使った方が

深く味が染み込んでいておいしいと感じます。

 

まとめ

 

鯛の塩焼き冷凍保存ができます

 

そして冷凍した鯛の塩焼きはその後焼き直して

塩焼きとして食べることもできますが、

リメイクして吸い物などにすると

よりコクがでるのでさらにおいしく食べることができます

タイトルとURLをコピーしました